鳥貴族はランチェスター戦略

280円均一の焼き鳥で有名な「鳥貴族」はランチェスターをしています。

まず、出店地域ですが、大都市に集中的に店舗を展開しています。

出店している都道府県は全国10都府県のみ。(福井もありませんでした)

出店地域を絞ることのメリットは、輸送費が削減できることです。

 

またメニューも焼き鳥中心に絞り込んでいて、

焼き鳥31種類、その他サイドメニュー37種類、ドリンク73種類。

同業種のワタミと比較してみると焼き鳥約5種類、その他サイドメニュー約60種類、ドリンク約170種類。

メニューを絞り込むことは、廃棄ロスの削減、調理やホールオペレーションの効率化にも繋がるのです。

 

また、鳥貴族では良質の国産鶏肉を使うことにこだわっていますが、鶏肉は牛肉や豚肉に比べて鮮度が落ちるのが早いです。

いかに鮮度を保ったまま提供できるかがポイントですが、物流網が整っている都市部に絞って出店している理由はここにもあるのです。

また店舗それぞれで鶏肉を串に刺して提供していますが、メニューを焼き鳥中心に絞り込んでいるからこそ可能なのでしょう。

 

絞り込んでいる事が、独自の強みを作り出す理由にもなっているという、非常にキレイで流れるようなストーリーです。

他業種に展開せず、着実に店舗を増やしていけばまだまだ成長する可能性がありそうですね。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。