お客さんは服を探しているんじゃない

先日、みんなで自社の「強み」と「資源」を考えてみたのですが、

お客さんの立場になってみて「自分がお客さんだったら何をして欲しいか?」みんなで出し合いました。

その中に、自社の資源を活かして出来る、さらに強みの強化にもなるという素晴らしいアイディアがいくつか見つかりました。

その1つに「シーン別のコーディネートを沢山教えて欲しい」というのがあります。

彼女とデートに行く、修学旅行に行く、大学に着ていく・・・などなど、それぞれのシーンに適したコーディネートが知りたいというのです。

思い出してみると、これはチャット相談でもよく頂く質問。

 

思い出してみると、自分も洋服を買うタイミングって「今度~があるから」という場合が多い気がします。

そういう風に考えるとお客さんて服を買う時は、シーンを想像しているんですね。

 

オシャレが学べて、しかもシーン別でコーディネートが探せる通販サイト

面白いですね。さっそく実行していきます。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。