俺のレストランの新業態は上手くいくか?

俺のイタリアンや、俺のフレンチという飲食店を経営する、俺の株式会社という企業があるのですが

安い割に良い食材を使っていて、美味しいと評判で、なんと原価率が60%を超えているそうです(飲食店の場合、通常は30%前後と言われています)

通常のお店でしたら、6,000円はする料理が3,000円で食べられる訳ですからそれは美味しいはずです。

業界の人から見ても、驚愕の原価率。

普通の飲食店でそんな原価率でやっていたら赤字になってしまうでしょうが、俺の株式会社はお客さんの回転率を上げる事で、利益を出しています。

通常のお店でしたら、2回転のところを、俺の〜は、6回転以上させます。

おそらく3回転以上させないと、赤字でしょうが、そこは回転率を上げる仕組みがあって、全席立ち飲みスタイルなのです。

高い原価率でも6回転させれば、原価率30%で2回転させるよりも儲かるという仕組みになっているそうです。

高い回転率を作り出せるのは、良い材料を使って美味しいので、話題になり行列ができるから。

全席立ち飲みスタイルなので滞在時間が短くなるから。

など、普通なら弱みであろう事が、他にはない強みを作り出せているという、非常に計算された戦略です。

 

そんな俺の株式会社が、今度は着席制のレストランを展開していくそうなのですが、回転率が落ちるので、当然値段も高くなるそうです。

今までと全く違う、むしろ普通のお店と同じやり方で、上手くいくのか。

最初は上手くいくかもしれませんが、ずっと続くのかと言われると…気になるところではあります。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。