たまに、「社長の仕事って何ですか?」って聞かれるんですが。

 

たまに、社長の仕事って何ですか?って質問されます。

経営者や管理職の場合、ほとんどの方が「実務」は持っていなくて、

何をすれば会社にとってプラスなのか、自分で考えて行動しなければいけません。

なのでそんな質問をされるのかもしれませんが、

 

だからと言って、「さあ今日は何をしようかな?」

と考えているようでは、効率が悪すぎます。

 

社長がやるべき日常業務は(あくまで私の場合ですが)

①戦略を学び、考え。強化していく事。

②戦略に沿った戦術が、ちゃんとPDCAされているかチェックする事。

だと思っています。

特に②は大切で、ちゃんとPDCAされているかのチェックを、毎週担当者と面談したり、会議で確認したりしています。

 

私の場合、月~木の午前中と午後イチは、面談や打ち合わせでびっちりスケージュール化されています。

で、金曜日だけは来客であったり、いろんな事を考える時間に使えます。

 

業績を伸ばす為に、最も必要な事をスケジュール化してしまえば、「さあ今日は何をしようかな?」って考えるムダな時間はありません。

集中するので頭は疲弊しますが、タスクが成果に結びつくまでの時間は短縮されます。

いっそ、スケジュール化してしまった方が良いのです。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。