初回客に2回目を買ってもらう事が、最も難しい(ウチの場合)

昨日は、バケツに水をたくさん貯めようと思ったら、穴をふさがないといけないと書きました。

ドラフトの場合、自社サイトだと毎日の売上のうち50%以上がリピートのお客様で構成されています。(いつも本当にありがとうございます!)

 

「うわ~嬉しい。これで十分やわ~」

・・・と思っていたらいけません。

もっともっと沢山のお客様にリピートしてもらった方が良いに決まってます。

 

全体のリピート率は50%ありますが、もっと深く分析してみました。

・初回客が2回目を買う率は47%

・2回目のお客様が3回目を買う率は54%

・3回目以降のお客さんが4回目を買う率66%

・常連さんが次も買う91%

 

と、お客様の状態によって数値が全然違う事が分かります。

つまり、私達にとってもっとも大きな穴は、初回のお客様にもう一度買ってもらう事だったのです。

全体の穴をふさごうとするのではなく、最も大きな穴からふさいでいく事が、早く成果に繋がります。

やるべき事を絞り込めば、対策もしやすくなります。

初回のお客様がどうすれば2回目も買ってくれるのか?

逆に買ってくれない理由は何なのか?

PDCAを回していこうと思います。

 

まずは、どこに穴があるのか、どの穴をふさぐべきなのか、分析して探す事が大切です。

ここまで細かい分析は、エクセルをフル活用してやってもかなり時間がかかるでしょう。

 

Q:じゃあシステムを使ってやるの?そんなシステム高いんじゃないの?

A:私達は、受注管理システムと連動できる顧客データベースを活用しています。

 

顧客データベースを構築するのに、受注システムと連動させる事ほど効率的なものはないでしょう。

そんなシステムが無いか、人に聞いたりネットで調べたりして、いろいろ探し回りました。

ところが見つかるのは、受注管理と、顧客データベースが別々のモノばかり。

しかも別々に導入すると値段も高い。(月額30万~40万はいきます)

 

が、ついに見つけたんです。素晴らしいシステムを。

しかも福井の会社というのもポイント高い。

明日はこのシステムの事を書こうと思います。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。

1 個のコメント