なぜ商品数やメニューを増やすと失敗するの?理由は顧客の立場で考えると分かります。

商売がうまくいかないときって大抵、何かを足そうとします。

価格帯の違う商品を扱ってみたり、メニューを増やしてみたり、違う分野で新規事業を立ち上げてみたり。

でもこれ、ほとんどの場合上手くいきません。

 

例えばこんな場合です。

そば屋さんが売上を伸ばす為に、うどんやラーメンのメニューも追加してお客さんを増やそうとした。

ありがちな例ですが、利用する側の立場になってみると、なぜ上手くいかないのかよく分かります。

 

美味しいラーメンを食べたい人は、何でも屋さんでなくラーメン屋さんへ行きますよね?

同じく美味しいうどんを食べたい人は、うどん屋さんへ行きます。

お客さんはお金を払うんですから、より美味しい物を食べたいに決まってます。

 

メニューを増やしたのに売れないのは、こういう事です。

それだけじゃなく、うどんとラーメンの材料費もムダになりますし、そばの味も落ちるでしょう。

そして1番の問題は、お客さんから見ると何屋さんなのか分からなくなって、来店する理由が無くなってしまうことなのです。

 

そば屋さんが売上を伸ばすのなら、もっと「そば」に集中する事が1番の近道でしょう。

やる事を絞り込めば、戦力が集中される訳ですから何でも屋さんに比べて、そばの味に関してはどんどん差がつきます。

そばに関する技術は資産となり、「すごく美味しいそばが食べられる」というのは、お客様が選ぶ理由になり、差別化になるのです。

 

これは商品やメニューだけでなく、

「分野の違う新規事業を始める場合」

「遠くにお店や営業所を出す場合」

「自社のキャパを超えたお客さんをとる場合」

も全く同じ理由、原理で失敗する確立は高いです。

(新しいお客さんが増えるんじゃない?と、期待してしまうところも同じですね)

 

偉そうに言っていますが私も過去、同じような失敗を沢山繰り返してきました。

だって絞り込むって、勇気が必要だから。

 

しかし戦略を学んで理論を理解し、失敗を身を持って体感した今は、「絞り込む大切さ、強さ」がよく分かります。

 

目先の売上は上がるかも知れませんが、商品やメニューを増やす時は、本当によく考えるべきです。

大抵の場合、「増やす」のではなく「減らす」方が上手くいくんです。

 

もしあなたが社長やそれに近い立場なら、「自社の事業が集中できているか、ブレていないか」常に気を張るべきです。

そして自分では気を使っているつもりでも、長年やっているとブレに気づかない時が出てきます。

そんな時、注意してくれる経営者仲間、勉強会があるならば大切にするべきですね。

そういった意味でBBRという勉強会を開催してくれるゲンキーの藤永社長には感謝しております!

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。