どんな商品に戦力を集中させると上手くいくの?実は優先順位があるんです。

前回は商品数を増やしても、失敗する事が多いと書きましたが、じゃあどんな商品に戦力を集中させれば良いのでしょうか?

ランチェスターの竹田先生によると、

優先して強化するべき商品は

①特徴のある商品 強い商品
②粗利率、粗利額が高い商品
③売上が少ないが粗利が高い 安定して売れる

の順だそうです。

その上で、本業と関係性の薄い商品、粗利の低い商品はカットするべきです。

 

広告をかけたり、露出させたりする時は、

何となく売りたい商品ではなくて、優先順位の高い商品に集中して露出させるのです。

広告費も露出させるスペースも限りがあるのですから。

 

で、私達の場合は、コレに集中です。

①オシャレが苦手な人に、「最初に買うべきアイテム」を理論的に解説し、

スキニー

 

②購入の障害となる「サイズに関する不安」を取り除き、

daikou_980430

 

商品が売れた後は、このボトムに合わせたコーディネートをどんどん提案する。(クロスセル)

 

この一連の流れは、オシャレが苦手なお客様にとって、本当に本当に役に立つ内容です。

しばらくはこの戦術を集中的に強化します。

(マネされない工夫がまだ弱いので、工夫しないといけませんが)

 

戦略をバリバリ勉強した後は、ランチェスター竹田先生の本を読むと、さらに知識を深める事が出来ます。

どういう事かというと、竹田先生の本に書いてある内容は、

「戦力を集中するとこんな効果があるよ」、「戦力を集中させないとこうなるから非効率だよ」、「正しい戦術を実行すると実際にこんな効果があるよ、」

という事がとっても理論的に書いてあるからなんです。

 

戦略を学んだ後に読むと、納得する内容が盛り沢山です。

本

知識を深めたい方にはオススメの1冊です。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。