優秀な「マーケター」には共通している事があったので共有します

世の中にはマーケティングという言葉がありますが、調べてみると

「商品が大量かつ効率的に売れるように、市場調査・製造・輸送・保管・販売・宣伝などの全過程にわたって行う企業活動の総称」

だそうです。

 

簡単に言うと、お客様に対して適切な「販売促進」や「集客」「仕入れ」などを行う仕事ですね。

中小企業ですと、社長がこの仕事を兼務していたりするのではないでしょうか?

 

この「マーケティング」ですが、実は上手くいくパターンというのがいくつかあります。

 

その1 自分の感性に従ってやったら上手くいったというパターン。

自分が欲しいなと思った物を仕入れて売ってみたら売れた!なんて場合ですね。

これはこれで素晴らしいです。

 

その2 自分はそうは思わないけど、お客様の立場で考えてみたら上手く行ったというパターン。

だいぶ経験も積んで慣れてきたよーという方は、こちらの場合が多いように思います。

 

ただですね、両者とも上手くいかない場合が出てきます。

この販促上手くいくと思ったのになー、これ需要あると思ったのにな-。

なんて事が起こります。

 

どうしてかというと、どちらの場合も自分の主観で判断しているからです。

こうだろうな~という予測であって、本当にお客様が求めているかどうかは分からないんですね。

お客様が本当に求めていることと、自分がこうだろうなと思うことって、ズレている場合が多々あります。

 

それが分からずに悩みます。

一体どうすればいいんだ?もっと市場を調査して・・・お客様の立場になってみて・・・

次は失敗したくないので悩み続けます。(私もそうでした)

 

で、この壁を越える事が出来るのは、たった1つしかないと最近思うようになりました。

それは「お客様に直接聞く」事が出来るかどうかなんですね。

 

え?そんな簡単な事なの?と思うかもしれませんが、本当に実践出来てる人って以外と少ないと思います。

経験がある人ほど、経験が邪魔をして、自分の考えだけに偏ってしまいがちだからです。

私も過去を振り返ってみるとそんな事があった様に思います。

 

そんな時にある人が、

「お客様にアンケートをとって聞いてみましょうよ!」

と提案をしてくれたんですね。

 

最初はアンケートなんて・・・と思っていたものの、いざやってみると

自分達が考えている事と、お客様が求めている事にこんなに違いがあったのかと驚きました。

そしてこの経験が今に繋がります。

 

「お客様に聞く」なんて単純な事なんですが、これは本当に経験や実力があるからこそ出来るマーケティングだと思います。

私の回りでこれが出来ると、思い浮かぶのは1人しかいません。

この人は、お客様に聞いて実際にいくつもの実績を出しています。

 

伸びる人ほど、人の話や忠告、アドバイスを素直に聞くのと同じですね。

実るほど頭を垂れる稲穂かな

そんな人間になりたいです。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。