ネット通販の「試着出来ないからサイズが分からない」を解決する新しい取り組み

弊社では以前からお客様に

当店に来て頂く前に悩んでいた事はありますか?

とアンケートで聞いているのですが、1位はずっと

「ネット通販はサイズ感が分からないから抵抗があった」

なんですね。(全体の35%がこの回答で、2位は何を買っていいか分からない25%)

 

これはネット通販の弱点の1つでして、ずっと何とか出来ないかなと試行錯誤していました。

以下は今までの弊社がサイズ感を伝えるために現状できるベストだと思ってやっていた事です。

item_b429_size1

item_b429_size2
item_b429_size3
item_b429_size4

 

結構詳しく書いてますが、これでも「自分が試着する」ことには敵わないんですよ。

 

このネット通販の永遠の課題であろう弱点を克服するために、バーチャル試着サービスなんかも開発されていますが、

試着と同等のレベルで実用化されるまでにはまだ時間がかかりそうです。

 

 

それでも何とかしたい。

何とかサイズ感を伝えたいと思い辿り着いたのが、コレです。

daikou_980430

仕組みは簡単で、お客様の身長と体重を聞いて、

体型の似たスタッフが代行で試着して着用感を伝えたり、試着した写真を送るという

試着を代行するサービスです。

難しい技術なんかは全く使っていない、アナログなやり方ですが、けっこう喜んで頂けています。

(コーディネート相談をしていて、思いついた訳です)

 

今日から今格的にお客様にも宣伝し始めたのですが、きっと良い方向に向かってくれると思っています。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。