同じミスを繰り返さない為には、注意するだけでいいのか?

ミスをした時の、指導の仕方です。

 

LEVEL1 注意するだけ。

よほどの人でない限り、同じミスをするでしょう。

何か理由がないかぎり、オススメ出来ません。

 

LEVEL2 「同じミスをしない為にはどうすればいいか考えなさい」って言う。

怒るだけじゃないので、先ほどよりも良いのですが

大抵の場合、「よし、次回はもっと注意深くしよう!」だけで止まってしまいます。

 

LEVEL3 ミスした理由を一緒に考える

対応としてはこれが◎。

ミスをした状況や原因をよく聞いてみると、「あ~このやり方はミスするわ」って事が多々あります。

社会人経験の浅い人は、そこら辺の感度がまだ低いのだからしょうがないのですが、

経験豊富な方が、原因から一緒に解決してあげなければ出てこない気づきがあるんです。

 

 

ミスが起こった時に、

「しょうがないね」で終わるのと、「原因はどこにあるんだろう?」と考えるのでは、

積み重なっていくと大きな違いになってくると思います。

社長や管理職の方は、こういったところの感度やアンテナも高くしておかないといけませんね。

 

ミス感度の高い人が沢山いる企業は強いです。

熟練の社長は、皆さんこういった感度が高いですが、トレーニングすれば誰でも出来ると思います。

 

何かミスが起きた時は改善のチャンスですよ。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。