ランドクルーザーはなぜ中古車になっても価格が下がらないのか?

トヨタの車でランドクルーザーという、国産車で性能、大きさ、価格がNO.1のSUVがあるんですが、

ダウンロード

中古車になっても、ほとんど値下がりしないらしいです。

 

で、その理由を車に詳しいウチのO氏に聞いてみました。

すると、「ランドクルーザーの中古車は、アラブなどを中心とした海外で高値で売れるから、値下がりしないんです。」

と教えてくれました。

なるほどなーと思っていたのですが、

今日はさらに、「なぜ海外で人気なのか?」が分かりました。

 

海外では、日本のように修理工場が充実していないのですが、例えばどこかの悪路で車の一部が故障したら、一日や二日その場で技術者を待つか、距離の離れた修理工場へ行かなくてはなりません。

普通の車ならば。

しかし、ランドクルーザーは30年間も基本設計が変わらないらしく、道ばたの中古車屋に30年以上前のランドクルーザーがあれば、最新モデルでさえもその部品の流用で修理ができ、再び走ることができるそうです。

トヨタの開発者がこんな需要を見越して、基本設計を変えて来なかったのかは分かりませんが、30年前の車でもパーツが流用出来るってすごいですよね。

変えない事で生まれる強みもあるんだなと勉強になりました。

時代に合わせて変える部分と、変えちゃいけない部分は別けて考えないといけませんね。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。