ネットに店をだすのは全国展開と同じ事。戦略が無いとこうなる→(ドラフトの場合)

昨日のブログでは、

ネット上にお店を出すという事は、一気に全国区になるのと同じで、強者の隣に店を出すのと同じ事。

と書きました。

そんな状況ですから「お客様が、なぜ自分のお店で買うのか?」という理由が説明出来なければ、苦しい状態になってしまうでしょう。

そして大抵の場合は、思いつきやすい「安さ」を理由に選んでしまいがちなのです。

 

今日は、ネットから始まったドラフトはどうだったのか?を少し書こうと思います。

 

ドラフトは最初、個人のヤフオクから始まりました。

何もない状態からだったので、簡単に始められるヤフオクはうってつけだったのです。

 

「洋服を仕入れてきて、オークションに1円から出品する」という事を繰り返していました。

 

そうする中で、値段が跳ね上がるのはいつも、「個性的で、他所には売ってない」ような商品だという事に気が付きました。

 

1円スタートのオークションなので、値付けをするのはお客さんなのに。

「他所にない物は高く売れる」という事を実体験を通して学んだのです。

 

「とにかく変わったデザインの洋服を仕入れれば儲かるんだ!」と当時は思っていましたが、

今思うと、偶然にも(運良く)「他にない」の戦略をとっていたんですね。

 

 

そのまま続けていれば良かったのかも知れませんが、戦略を勉強してなかった私は調子にのります。

「変わったデザインの商品は儲かるけど、市場規模が小さい。もっと売上を伸ばすんだ!」

「俺たちは何を売っても上手くいくに決まってる!」

 

完全な勘違いですね。

当然回りは同じような商品を売るライバルだらけ。

何とか差別化しようと「安さ」を全面に押し出し始めたのです。

 

そうする事で、確かに売上は4億→5億→7億と伸びました。

しかし利益はどんどん減っていったんです。

 

不思議ですよね。

忙しくなればなるほど儲からないなんて。

 

「そんなはずはない。今に良くなるに決まってる。」

そんな風に思っていました。

 

 

しかし現実は、厳しいです。

①商品を安く売ると回りのライバルは当然、追従してくる。

②商品が均一化するので、ライバルより目立たせる為に広告費を増やす。

の繰り返しでした。

 

お~いお茶の例と同じ。

いや、お~いお茶の例ほど企業間の差が無いから、いつか勝てるだろうと勘違いしていたのかも知れませんね。

 

しかしついに去年は過去最低の経常利益を出してしまいます。

 

こうなって初めて、

「ちゃんと考えないとやばいな。」

と思い始めます。

 

高い授業料を払って、やっと気づいたのです。

 

そこからは必死で経営戦略を勉強をしました。

ちゃんと勉強して思う事は、今までは経営戦略って言葉しか知らなかったんだなということ。

 

安さ意外で売るにはどうすればいいんだ?

そもそも戦略と戦術って何が違うんだ?

そんな状態でした。

 

ネット通販をやっている人のなかには

「ページのデザインが大事でしょ」

「広告が大事でしょ」

と勘違いしている人がいます。

 

でも、そうじゃないんですよ。

「なぜ自分のお店で買ってくれるのか?」きちんと理由を説明出来なければ

デザインを良くしたって、広告を打ったって、上手くいかないんですよ。

 

その逆で、「なぜ買ってくれるのか?」きちんとした理由があれば、

ページのデザインがイケてなくても、広告なんて使わなくても、それなりに上手くいくんです。

 

ページデザインや広告は、「お客様が買う理由」にはならないんです。

ちゃんとした戦略があって初めて、ページデザインや広告が活きてくるのです。

どうかそこを勘違いしないで欲しいです。

 

 

昨年度は株式会社になってから、今までで最低の経常利益でしたが、

そこからキチンと戦略を勉強して、ブログでも書いてきた通り、いろんな事を変えました。

 

そのかいあって、今年度(2月決算)では、過去最高の経常利益を達成出来る見通しです。

失敗して、戦略の大事さを学べたお陰です。

 

そしてこんな風にブログ書いてると、いろんな方がアドバイスしてくれるようになりました。

ありがとうございます。

 

 

何から始めたらいいか分からない、もうどうしたらいいか分からない。

その気持ちよく分かります。

そんな人は、まず戦略の理論を知る事から始めてはどうでしょうか?

戦略の大事さを感じて、私と同じ失敗をする人が減ってくれれば嬉しいです。

 

いろんな本を読みましたが、以下の本はすごく勉強になりました。

白いネコは何をくれた?

ストーリーとしての経営戦略

「ランチェスター経営」であなたの会社が強くなる

 

失敗したら、何度でも立ち上がればいいんです。

 

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。