WEB広告をgoogleだけに絞るとどうなるのか?

弊社ではgoogle、yahooを含めていろんなWEB広告を行っているのですが、

結果から判断するとgoogleの広告が1番優れています。

 

例えば広告費を100円使ったとしたら

google 210円になって返ってくる

yahoo 150円になって返ってくる

どちらも良い広告なのですが、googleの方が費用を投下する価値があります。

 

なぜgoogleがこんなにすごいかというと、理由は1つで

広告を出す条件を非常に細かく設定出来るからです。

 

「え?そんな事も出来るの!?」というレベルで細かい設定が出来て、

yahooを含めどんな広告でも追いつけない、圧倒的レベルだと思います。

しかも設定の機能は、どんどん新しいものが追加されていきます。

 

またgoogleが提供する分析ツールと非常に相性が良いので、費用対効果がハッキリと分かるのです。

 

その分、使いこなすだけでもかなり大変なので、専属で人を付ける価値が十分ありますね。

 

 

今までは、「ものは試しだ!」という事でいろんな広告をやったりしてきましたが、

googleでもどんどん新しい広告の種類が増えてきているので、

いろんな広告を試すならgoogleに集中した方がいいんじゃないかと最近思うようになりました。

(「集中する」が今年のテーマだったという事もあって)

 

もういっそ販促費はgoogle広告とアフィリエイトだけに絞っていいんじゃないでしょうか。

 

集客できる範囲が狭まりそうですが、そこは自社メディアで補えるようになるのではないか。

ちょっと真剣に検討しています。

 

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
”オシャレ教育事業”のシェアNo.1

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性のあるECサービスを運営しています。少しでも興味がありましたらご覧くださいませ。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。