こんなスーパーあったら流行るかも?

去年の年末、最終出勤日に、

大掃除の道具と、年越しそば(肉そば)の材料を買う為に買い出し行った時の話です。

 

大掃除の道具はゲンキーで、しめ縄はホームセンターで、食材はスーパーで~と思っていたのですが、

なんと、「肉そばの牛肉以外」は全てゲンキーで揃ってしまったんです。

 

普通のスーパーの業績が良くないと言われる理由が分かった気がしました。

 

 

スーパーでは一般的に、ジュース、お菓子、台所用品などいろんな物を売っていますが、

今の時代、ドラッグストアでもコンビニでも同じように買えます。

 

昔に比べてスーパーに行く理由が弱くなっているんだと思います。

なんらかの方法でドラッグストアやコンビニに負けない、来店理由を作っていかなければなりませんね。

 

 

そこで、こんな方法を考えてみました。

 

①ドラッグストアやコンビニにも売っている物の販売を全部やめる

カップラーメンやパン、冷凍食品、サランラップやゴミ袋などの台所用品はすべてやめます。

ついで買いしてくれるかも・・・という考えは捨てます。

 

②生鮮食品や惣菜など、スーパーにしか売っていない物だけを取り扱う

扱う商品を絞り混めば、来店する機会が減りそうですが、そんな事はありません。

ドラッグストアやコンビニには生鮮食品や惣菜がありませんから、必ず来てくれます。

他所に負けない、来店してくれる理由を、徹底的に強化するのです。

 

具体的には、

空いたスペースに、食材の取り扱いを増やします。

また他所で買った荷物が置いておけるようにコインロッカーも設置。

豊富な食材を活かした料理教室も行う。(外注でもOK)

豊富な食材を活かした簡単レシピの提案も行う。(相談できるスタッフを配置しても面白い)

お総菜の種類を増やす。

 

などなど、晩御飯の献立に悩む主婦の役に立つサービスを徹底的に追求します。

スーパーにしかない来店理由を強化するのです。

 

 

こんなスーパーがあったら面白いのではないでしょうか。

 

今やドラッグストアやコンビニが回りにないスーパーマーケットは無いでしょう。

つまり地域で絞り込む事は難しくなっています。

 

やる事、売るものを絞り込む事が必要な場合もあるのです。

 

このスーパーが上手く行くか行かないかは、実際にやってみないと分かりませんが、

お客さんにアンケートをとってみると、もっと具体的なアイディアが浮かぶかも知れません。

 

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。

2 件のコメント

  • 初投稿です。私も男子でありながら、週末に限り夕食担当の買い出しをここ何年もやってますが、出来るだけ一ヵ所で済ませたいんです。だから、多少のものはおいて欲しいです。だから、こういうビジネススタイルは必要ですね。主婦は毎日の食事はやっつけ的なところもありますので、時間の方が優先度が高いのてす。

    • のりさん
      はじめまして。

      晩御飯の事ならば、どんな事でも1箇所で全て解決出来る。
      そんな場所があったら価値を感じる人はきっといますよね。

      コメントありがとうございます!