能力の高い人が多い会社は業績が良いのか?

能力が高い人を採用すれば業績は伸びるのでしょうか?

答えは「YES」です。

 

が・・・能力が高い人を採用するよりも大切な事があります。

 

それは、

1人1人が個人プレーで高い能力を発揮するのではなく、

みんなが力を合わせて最大限の力を発揮する組織にする事です。

 

1人1人で見ると優秀な人が沢山いる会社でも、みんなで協力出来る組織になっていなければ意味がありません。

優秀な人というのは、出来る事が多いので何でも1人でやってしまいがちです。

みんな能力高いけど、みんなバラバラの事をやっている。

これではなかなか前に進めません。

 

それよりも、困っている部署があったら、他の部署から応援に来るなどの一致団結された雰囲気があるかどうか。こっちの方が重要です。

 

個人で動く組織より、一致団結して動く組織の方が成果が出せるのです。

 

 

ではどうやって団結力を高めたら良いのかというと、

それは、経営理念を皆に共感してもらえるように何度も話すことです。

 

素晴らしい組織というのは、理念に沿った行動を、言われなくても協力して行います。

だから業績が良い。

 

ついでにドラフトが認める「優秀な人」というのを決めておこうと思います。

 

素直かつ謙虚に、よく聞く よく見る よく話す よく書く よく考える。

これが優秀な人です。

頭が良いか悪いかは含みません。

 

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。