OSを1つに集中しているのはマイクロソフトだけ

一昔前まではインターネットしようと思ったら、パソコンを使うしかなく

Windowsという選択肢しかありませんでしたが、

 

近年はスマートフォン、タブレットという選択肢が増え、

「パソコンは持ってないよ。」という人も増えてきています。

 

そんな状況なので「マイクロソフトがシェアを落としている」

と数年前から話題になっていました。

 

 

実はマイクロソフトも何とかして

スマホとタブレットでもシェアを取ろうとしてきた訳なのですが、

ずっと上手く行っていませんでした。

 

 

そんな中で、最近Windows10という新しいOSが登場し、

これはもしかしたら!

と思っているので、理由を書いてみようと思います。

 

 

以下は主な3社のデバイス毎のOSをまとめた表です。

 

パソコン  スマホ  タブレット

Google    chrome OS android  android

Apple   mac OS   iOS    iOS

Microsoft  windows10 windows10 windows10

 

 

よく考えてみると、実はマイクロソフトだけが、

全てのデバイスで統一された同じOSを使おうとしているんです。

 

 

現状では、「仕事はパソコンを使ってるけど、スマホも持ってる」

という方がほとんどだと思いますが、

 

近い将来、スマホの性能はさらに向上し、

スマホだけで何でも出来るような時がくると思っています。

 

 

そうなってくると有利なのは、OSを1つに集中しているマイクロソフトなのです。

 

その証拠に最近日本でもwindows Phoneがリリースされてきました。

中でも特に注目しているのが、

NuAns NEOという日本製のスマホです。

NuAns

なぜこのスマホに注目しているのかというと、

次世代のWindows Phoneには「Continuum」という機能が付いていて、

写真のように、ディスプレイに繋いでデスクトップPCのように使う事が出来るんです。

bluetoothでキーボードとマウスを繋げばOKですからね。

 

非常に気になっています。

 

値段は税込46,958円

iPhone 16GBの半額ですね。

性能はそんなに変わらないのに。

 

iOSを使えるのはiPhoneだけ。

iPhoneを売っているのはAppleだけ。

iPhoneの利益率が高い理由と、ブランディングの上手さが良く分かります。

 

 

最後に、各3社の収益モデルを考えてみると、

 

Google 広告での収益

Apple iPhone、MacなどのデバイスとOSの販売による収益

Microsoft OSの販売による収益

 

マイクロソフトは何としてもWindowsの入ったデバイスを増やしていく必要があるのです。

 

だからこそ1つのOSに集中するのは正解ですね。

 

PCにより近い事が出来るWindows Phoneはシェアを奪還出来るのか?

どんな感じなのか、使ってみようと思います。

 

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。