「1流になりたいなら1流に触れること」私なりの解釈。

「1流になりたいなら1流に触れること」

これ、1度は聞いたことある人が多いんじゃないでしょうか。

 

実は私も何度か聞いたことがあったのですが、半信半疑でした。

 

 

昔は、1流に触れるっていうと何となく、

「贅沢をする事」って印象があったんですよ。

 

だから、それって本当に正しい事なのか?

半信半疑だったのだと思います。

 

 

自分にとって1流って何なのか?

自分にとって正しい事って何なのか?

 

正直、若いうちはこれが分からないです。

 

 

でも、いろんな失敗を重ねて、いろんな経験をして、

いろんな人に会って、いろんな事を勉強して、

少しずつ分かるようになってきます。

 

 

そのおかげか、ここ最近はその考えが少し変わり、

1流の人の話を聞いたり、本を読んだり、話をしたりする事は

明らかにプラスに影響するなと思うようになったのです。

 

そして同時に分かってきたのが、

この世の中、何かで成功したければ、

昔から何度も言われている「法則」のような物に従う方が良いという事です。

 

 

1流に触れるという事は、その「法則」の有用性、効果を、直に感じる事です。

 

そして何が正しいのか、正しくないのか、判断力がつくようにもなるのです。

 

 

誰しも若い頃って、血気盛んだったり、プライドがあったりして、

人の意見を聞かなかったりしますが、

素直な気持ちで、1流に触れようとする事って大事だなと思うのです。

 

 

そしてこれは、会社も同じなのかなと思います。

 

「従業員に1流になって欲しい。」

これはどんな社長でも思うことでしょう。

 

ならば、1流に触れさせるしかないです。

 

そして従業員にとって最も身近な1流は「社長」であるのが最も望ましい

 

だからこそ、社長は積極的に1流に触れる気持ちを持っていなければいけないのです。

 

オシャレには戦略が必要です
40代以上のオシャレに悩む男性へ

私はこれまで様々な企業を調査して成功する企業には共通点、いわば“成功の戦略”がある事に気が付きました。それはファッションも同じで、“オシャレには共通点”があるのです。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。