第一回「事業を深堀する会議」誰も追い付けなくなるまで深堀する。

先週の土曜日のことなんですが、丸1日かけて

第一回「事業を深掘りする会議」

を開催しました。

 

各リーダーを中心にして、アイディアを出し合ってもらい、

最後はリーダーによるプレゼンを行う。

 

いいなと思ったアイディアは全部実行する。

 

という簡単な内容です。

 

 

全部で4つのグループに分かれてもらい、

それぞれのチームのリーダーは立候補制にしました。

 

今年は、「立候補する、自分からやる」というのを大切にしたいと思っていて、

自分の意志でやると決めた時のパワーは、指名された場合の2倍はあると思っています。

 

ミーティング 2016-01-30 14.27.08 2016-01-30 14.26.23

 

 

毎日朝礼をして月1回テストをして、という事を1年間続けてきたおかげで、

「ドラフトにとっての深掘りってこういう事」が共有できていたように思います。

 

おかげで、大小含めて17個の新しいアイディアを進めていく事になりました。

1人で考えていたら思いつかないような、素晴らしいアイディアが沢山です。

(ボツになったアイディアも数個はありましたが)

 

 

各プロジェクトにはそれぞれ担当者をつけて、「隊長」と呼ぶ事にしました。

 

「隊長」は自分のプロジェクトに必要なメンバーを好きに決めていいし、

社長に確認する必要もありません。

 

ただし、月1回の報告会で、進捗状況は全員の前で発表してもらいます。

 

 

この「隊長」も立候補制にしたところ、すぐに全部決まりました。

立候補っていいですね。パワーが違う。

 

 

私はずっと1日別の事をしていたのですが、

こんな風にしていても素晴らしいアイディアが出て、

それぞれのプロジェクトが進んでいくってすごい力だなと思いました。

 

 

 

インターネットでのアパレル販売って、

すでに一般化していて、もはや差別化が困難な業界だと思います。

 

 

だからこそ1人1人が、アイディアを出し、実現に向けて努力し、

「誰も追いつけないところまで深掘りする」事はとっても大切なのです。

 

 

私達は2月末で今期の決算を迎えますが、

頭はすでに来期の準備を進めていかなければなりません。

 

来期は経常利益ベースで140%成長の事業計画です。

ハードルの高い計画ですが、このメンバーならやれると思う。

 

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。