〇〇〇が大きい業界は、リピート施策を強化しておいた方が有利です。

国内アパレル市場規模は9兆5千億円ありますが、

その内メンズは2兆5千億円の市場規模です。

 

2009年から見る限り、少しづつではありますが市場規模は増えています。

矢野経済研究所のデータ

 

 

その中で、販売チャネル別に見てみると、

百貨店、量販店の市場が減少傾向にある反面、

専門店の市場は伸びてきています。

 

 

マーケットが成長し競合が増えてくると、

やはり1つに特化した専門店が勝ち残っていくという事を表していますね。

 

と、ここまではいつもの「集中が大事だ」という話なんですが、

今日は「マーケットサイズ」の事を書こうと思います。

 

 

マーケットサイズとは、「消費者が年間いくらくらい製品やサービスに使うのか」を表したもので、

自分の業界のマーケットサイズを知っておくのは、大事だと思います。

 

 

アパレル業界のマーケットサイズは約78,000円です。

 

1人で78,000円を1年間で使うのなら、なるべく多くを自社で使ってもらった方が良いですよね。

 

 

つまりマーケットサイズが大きい業界は、リピート率が高い方が有利という事です。

 

 

ちなみに1位は食品の25万円で納得ですが、

2位がなんとパチンコで15万円というのには驚きました。

パチンコすごいな。

あとは飲食、ガソリン、などが高いですね。

 

 

アパレルは上から7番目と高い方です。

今年もよりリピート施策を強化していきましょう。

 

 

自社の業界のマーケット規模やマーケットサイズを知っておく事は、

シェアを高める第一歩なのかなと思います。

 

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。