ライバル皆が勝ちたいと思っている中で、 一時の運だけでは絶対に26.1%のシェアは獲れない

前回のブログに続き、マーケット規模の話です。

最近、自社のシェアを高めようといろいろ考えていて、

アパレル業界のマーケットについて調べるのが楽しくなってきたところです。

ファッションECの市場規模について掘り下げて調べてみました。

①アパレル・服飾雑貨(レディス、メンズ、子供・ベビー)

②鞄・袋物・革小物

③靴・履物

④宝飾・時計

⑤インテリア・生活雑貨・家具

の合計で「1.3兆円」

矢野経済研究所のデータを使用。

ファッションEC市場というと上記全てだそうですが、

私達の「アパレル・服飾雑貨」に限定すると、市場規模は約「4,500億円」です。

さらに、販売チャネル毎にも分けました。

・カタログ通販43%

・総合モール(楽天、yahooなど)33.2%

・ファッションモール(ZOZO、マガシークなど)22.5%

・自社サイト1.3%

自社サイトの比率は、1%程しかないんですね。

「集客が難しいから」という理由があるのでしょうが、なんと少ない。

市場規模で言うと60億円です。

さらにメンズだけに絞ると、おそらく16億円くらいではないかと思います。

(レディース38億、メンズ16億、子供6億 )

この市場で26.1%のシェアを獲ろうと思うと、約4.2億円です。

自社サイトの市場って、確かに全体のたった1%しかない小さな市場です。

しかし、「鶏口牛後」って言う言葉がありますよね。

大きな市場の下位に埋もれるより、小さな市場の1位の方がよほどメリットがあるのです。

ここまで絞ると、安定的トップシェアと言われる「41.7%」も現実味を帯びてきます。

そして「自社サイト市場」は今後、必ず伸びてくるので、

今のうちからシェアを取っておく事が大事なのです。

先日のブログで「市場シェアを26.1%獲ることが大事」と書きましたが、

メンズEC市場全体で26.1%のシェアを獲ろうと思うと、約39億円の売り上げが必要だと書きました。

その時は、「ちょっとだけ時間がかかりそうだなぁ・・・」と思っていましたが、

26.1%が獲れそうな所まで掘り下げた目標にすると、俄然やる気が出てきますね。

大きな目標を達成しようとする時は、細かく細かく細かく目標を掘り下げてやるといいですね。

それとやっぱり、自分の業界で勝ちたいと思うなら、

マーケットの事を調べておいた方が良いでしょう。

ライバル皆が勝ちたいと思っている中で、

一時の運だけでは絶対にNo.1にはなれないと思うのです。

戦う市場の情報は集められるだけ集めて、戦略的に小さな勝利を積み重ねていくしかないですね。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。