こんな「安さの戦略」があったのか。コストコの人気の秘密は原価率にアリ。

コストコ

先週の日曜日に、野々市のコストコに行ってきました。

 

どんどん店舗を増やしているようで、日本はもちろん、世界各国でも人気のようです。

 

なぜそんなに上手くいっているのか?

気になりますよね。

 

 

良く聞くのが、「コストコはまとめ買いをするから安く買えるんだ」という話です。

 

しかし実際に商品を見てみると、確かに量は多いですが、そんなに安くは感じないんですよね。

 

 

一体何が皆に安い安いと言わせるのか。

その理由は売上と原価を調べると分かります。

 

 

売上高  13兆円
仕入原価 11兆6,000億円

 

なんと原価率90%もあるんですね。

ほとんど仕入れ値で売っているようなものです。

 

 

値段が高いなと思ったのも、買ってきた食品を食べてみると納得なんですが、

かなり美味しい。

 

 

コストコが人気の秘密は、つまりこういう事です。

高品質品をほとんど原価で買える。

 

 

原価率が90%もあるんですから、そりゃあ安いと人気ですよ。

 

私が最初に思っていた「安さ」とは質が違いましたね。

「コストコは安い」と聞くと、同じように勘違いする人が多いんではないでしょうか。

 

 

さて、原価率が90%ですと、残る粗利は10%

金額で言うと、1兆4,000億円。

 

 

そこから販管費など(1兆2,800億円)を引くと、

1,200億円しか残りません。

 

利益率で言うと1%未満になってしまいます。

 

 

しかし、そこを支えているのが会員収入です。

実はコストコで買い物するには必ず、年会費4,320円を払って会員になる必要があります。

 

 

その収入が2,900億円もあるんですね。

 

年会費収入を足すと、経常利益率は3%を超えてきます。

 

 

会員にならないと、買い物が出来ないとはずいぶん強気ですが、

継続して会員になる率は90%以上あるそうです。

 

 

高品質品をほぼ原価で買えるというのは、リピートさせる理由にもなるという事ですね。

 

 

もう1つ面白いのが、これだけ売り上げがあるのに、商品数が3千点程しかないそうです。

大型スーパーだと3万点以上もあるそうですから、十分の一です。

 

在庫管理の手間が減る、ロスが減るなどいろいろなメリットがあるのでしょう。

 

 

何か絞っている(捨てている)事があるんじゃないかなと思っていましたが、

コストコもちゃんと絞り込んでいましたね。

 

 

発想の転換と言いますか、こんな「安さの戦略」もあるんですね。

参考になります。

 

 

先日amazonと戦わずに済む方法は、amazonにない商品を売る事だ。と書きましたが

コストコも戦わずに済むでしょう。

 

「カークランドシグネチャー」というプライベートブランドを持っているのもそうですが、

 

仮にもしAmazonが同じ商品を原価率90%で売ったら、赤字になるはずです。

 

なぜならピッキング費用と送料がかかるから。

 

コストコはお客さんが自分で商品をピッキングし、レジへ運んできてくれて、

自分で車に積んで持って帰ってくれます。

 

 

コストコは、会員制と高原価率を上手くミックスさせた、とっても面白いビジネスモデルのお店です。

 

 

また行きたいなと思ってしまうのも納得。

 

もしコストコに初めて行くなら、クーラーボックス等を持っていく事をオススメします。

 

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
”オシャレ教育事業”のシェアNo.1

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性のあるECサービスを運営しています。少しでも興味がありましたらご覧くださいませ。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。