インターネットは「買い手の交渉力」を強め、競争を激化させる

インターネット

インターネットは大変便利なもので、世の中を大きく変え、

それに合わせて、今までになかった新しいビジネスが沢山生まれました。

 

私達の会社もその1つで、インターネットがなければ存在しなかったでしょう。

 

こんな風に良い事ばかりかのようなインターネットですが、

実は市場競争を激化させる原因にもなっています。

 

 

「市場競争が起きる原因」として、

 

一 買い手の交渉力

二 供給業者の交渉力

三 同業者間の脅威

四 新規参入の脅威

五 代替品の脅威

 

の5つがあると書きましたが、

 

実はインターネットは「買い手の交渉力」を強める事になるのです。

 

 

どういう事かと言うと、

何かサービスや商品を購入しようとした時には、「比較」しますよね。

 

 

インターネットは、この「比較」を誰でも簡単に出来るように変えたのです。

 

 

家電を買おうと思えば、ネットで検索し比較

飲食店に行こうと思えば、ネットで検索し比較

旅行に行こうと思えば、ネットで検索し比較

 

などなど、「ネットで検索」の影響は、ECサイトだけでは無くなってきています。

 

 

インターネットが浸透すればするほど世の中は便利になりますが、

比較できる情報量も増えていきますので、ますます「買い手の交渉力」は高まっていくのです。

 

厳しい競争環境になっていきますよね。

 

だからこそ、戦略をしっかりと練り、

他社にはない「お客さんが買う理由」を作っていかなければならないのです。

 

インターネット

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。