成功者は皆知っている「ビジネスの法則」。私は知らないままで勝てる自信がないです。

戦略

最近、毎日のように書いている「シェア26.1%の法則」

時代やテクノロジーの進歩で、有利な戦略は変わりますが、

このような「ビジネスの法則」は変わりません。

そして、

法則を知っているかいないかが、勝敗を分ける事になる

とすら思うのです。

例えばこういう事です。

「卵をより高く投げた人が勝ち」

というゲームをするとします。

「よ~し高く投げるぞ~!」と、みんな思いっきり投げます。

しかし地球には重力があって、上に投げた物は落ちてくるという法則があります。

この法則を知らない人は、卵が落ちてくる事を知らないので、

大事な卵を地面に落として割ってしまい、チャレンジは1回でおしまい。

よほど上手な人、遠投力がある人でないと勝てないでしょう。

ところが「上に投げたら落ちてくる」という法則を知っている人は、

投げた卵は落ちてくるぞ。柔らかい布でキャッチしないと。

そもそも割れにくい卵を使えばいいんじゃないか?・・・などなど、

落ちてきた卵が割れないよう、当然のように対策します

そうやって何度も卵を投げる内にどんどん上手になっていくので、

勝つ確率が上がります。

法則を知らずに割ってしまった人は、

「まあしょうがないか」と新しい卵を買って再び挑戦しますが、

法則の存在に気づかない限り何度も同じ事の繰り返しです。

「重力の法則」は皆さん知っているから、

「当然だよ」と思うでしょう。

それと同じです。

成功者は法則を知っています。

「ビジネスには法則がある。そんなの当然だよ」って言うでしょう。

実はこのような「法則」が、ビジネスではいくつか存在します。

そして、成功者はちゃんと知っているのです。

そんな法則を知らないまま、厳しい競争市場で勝てるでしょうか?

安心して下さい。

ビジネスの法則は、本を読めば誰だって学ぶ事が出来ます。

amazonでも街の本屋さんでも、どこにでも売っています。

例えば、ドラッカーのマネジメント

例えば、マイケル・ポーターの競争の戦略

例えば、孫子の兵法

ビジネス書の原典のような本なので、聞いたことある方も多いと思います。

ところがこんなに有名なのに、

「ちゃんと読んだことある」って人は意外と少ないんです。

そういう私も、つい最近まで読んだ事なかったので、偉そうな事を言える立場ではありませんが、

読んで勉強する価値は十分にあると思います。

「変わらない法則」を基に時代に合わせた戦略を立てる事が、

唯一の必勝パターンだと思うのです。

戦略

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。