中小企業の「1人あたりの経常利益」が大企業とどれくらい違うか知ってますか?

グラフ

「1人あたりの経常利益」がいくらくらいあるのか。

出した事ありますか?

 

 

ちなみに、中小企業の平均は36.8万円だそうです。(黒字企業のみの平均)

 

自社の「1人あたりの経常利益」は平均より高いでしょうか?低いでしょうか?

 

 

この平均より100万円くらい高かったとしても、手放しで喜んではいけません。

 

大企業や上場しているような企業は、普通に500万円以上あるんですから。

 

 

そんなの業種にもよるでしょう!と思うかも知れません。

 

確かに、あまり人が必要ないようなビジネス、

例えばyahooのようなコンテンツ企業や、スマホアプリを作るような企業は高いです。

 

 

では、ユニクロやしまむらのような小売業はどうでしょうか?

販売員が必要ですから人が沢山いないといけませんよね。

 

しかし「1人あたりの経常利益」はすごく高いんです。

ユニクロは445万円

しまむらなんて、1,635万円もあるんですから。

 

 

一体この差は何なのか?

どうしてこんなに差が生まれるのか?

 

 

理由は簡単で、「ムダがない」から。

 

ムダがないとは、

・やる事がブレない

・余計な事に投資しない

・利益が出る仕組が出来ている

・ちゃんと人を教育出来る

・どこに投資するべきかが明確

・どんどん効率化を進めている

 

・・・のような状態だと思います。

 

そして上記のような状態を作る為には、

もちろん「戦略」がしっかりしていないといけません。

 

 

なんだか耳が痛いなぁ・・・と思った方も安心してください。

私も最近になって、ようやくそこに気が付きました。

 

そして、気づいたならば、1つ1つ変えていくしかない。

千里の道も1歩からと思ってやるしかないです。

 

 

今まではとにかくムダが沢山ありました。

 

・人が足りないと思えば、効率化も考えずにすぐに採用する。

・これが儲かるぞと聞けば、とにかくやってみる、マネをする。

 

などなど、挙げればキリがない。

 

 

しかし、今後は変わります。

 

一、ブレない。

二、業務を徹底的に効率化する。

三、教育への投資は惜しまない。

 

この3点を推し進めます。

 

 

具体的には、まず今期で1人あたりの経常利益300万越えを達成し、

2018年度には500万円超えを達成します。

 

 

今後は、「よっぽどの人」じゃないと採用しないです。

もしくは新卒だけ。

 

ドラフトは「入社したくても、なかなか出来ない会社」になりますよ。

 

グラフ

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。