自社メディアに広告を貼らない理由

オシャレ予備校のアクセス数が伸びるにしたがって、

「他社の広告を貼りませんか?」というような話が舞い込んでくるようになりました。

 

アクセスしてくる層が、メンズの10代~30代というところまで絞り込まれているので、広告を出すと効果のある業種があるのかも知れませんね。

 

 

こういう話しがあると、やっぱり嬉しいです。

 

で、メディアの広告って原価ゼロですから、利益率も高いよな。

Googleのアドセンス広告とかやってみるといいんじゃないか。

 

なんていう事を考えだしてしまうんですね。

広告、やってみようかな、どうしようかなと。

 

 

しばらく悩み続けていたのですが、U社のY社長に相談しアドバイスを頂きました。

 

「広告から競合他社にお客さんが流れるから、やらない方がいいんじゃないか」

 

なるほど。これは間違いないですね。

 

こういう時に経験豊富な先輩経営者に相談すると、いろんな視点でのアドバイスをもらえます。

 

ありがたい話しです。

 

という訳で、オシャレ予備校では業種が何であれ「他社広告はやらない」と決めたのです。

 

相談して良かった。

いつも的確なアドバイスありがとうございます。

 

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。