「ヒト・モノ・カネ」一番大切なのはどれ?

私は若い頃、何とか起業したいと思ってはいたものの、

実際にどうしたら良いのか分からない状態でしたので、

とにかくいろんな本を読みました。

 

いろんな本を読んでいましたが、

何の経験や知識もありませんから、

戦略に関する本や、会計に関する本を読んでみても、

難しすぎて内容が良く理解できなかったり、最後まで読めなかったりという事がよくありました。

 

 

そんな中で、決まって最後までちゃんと読めた本というのが、

「良い人格とは?」「成功する人の共通点とは?」「良いリーダーとは?」

といった、自己啓発的な内容の本でした。

中でも松下幸之助さんの本は、大好きで何冊も読みました。

 

 

そのおかげか、もともと出来た人間ではない私も、

良くない感情を抑えたり、人の話をちゃんと聞く、相手の立場になると言った事は大事なんだな。

そうなれるように努力しよう。と思えるようになったのです。

 

 

そんな事を続けるうちに、

「とにかく行動して始めるしかないな」と思い起業する事になるのですが、

実際に自分で起業してみて、いろんな失敗を沢山しました。

 

同じ失敗はしたくない、前に進みたいという事で、

再び戦略や様々な数字に関する本を沢山読みました。

 

すると今度は経験があるからか、若い頃はほとんど分からなかった内容が、少しは分かるようになったのです。

 

これは面白いぞ、これは間違いないぞ。

ここ最近は戦略に関する本を沢山読みました。

 

戦略ってやっぱり大事だな。

戦略さえしっかりしていれば、大丈夫。

 

そんな事を思っていたように思います。

 

 

そんな時に、昨日ある方がこんな本をプレゼントしてくれました。

本

金のなる木の育て方

 

 

資産運用の本か?と思っていたのですが、内容は全然違う。

 

1言で表すなら「人を大切にしなさい」と言った事が書いてある本でした。

 

「ヒト・モノ・カネ」は大事な物の順番で、最も大切なのがヒトである。

 

何かを捨てなければならないならば、最初にカネを捨てるべき。

 

 

大切な事を気付かせてくれた本でした。

 

もし自分が神様だったとしたら、どんな人を応援したいか?

皆に応援されるような人間、企業は最強です。

そんな人には自然といろんなものが集まってくるのでしょう。

 

この本をプレゼントしてくれた方は、今まで私の周りにはいなかったタイプでして、いろんな事を教えてくれます。

特に、ヒトとの付き合い方が抜群に上手い。

非常に勉強になる事が多いのです。

 

 

ここ最近、戦略だ、数字だって考え続けていたせいか、

「人の大切さ」が、頭の片隅に追いやられていた気がします。

 

それを察してくれたのかな?と思えるくらい素晴らしいタイミングで、素晴らしい本をプレゼントして頂けました。

 

どうもありがとうございました。

 

ドラフトの本棚には過去に読んだ本が置いてあります。

読んで欲しい本は上、時間があれば読んだ方が良い本は下に置いていますが、

この本は上の本棚に置きます。

 

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。