「売上が伸びる→足りないものが出てくる→売上が伸びる」の繰り返し

業績を伸ばすということは、

売上が伸びる→足りないものが出てくる→売上が伸びる

の繰り返しだと思います。

 

足りないものは、企業によってまたは業種によっても変わると思いますが、大抵は人、場所、資金、商品等ではないでしょうか。

 

私達の場合はというと、今後直近で足りなくなってくるのは「商品」だと思っています。

 

今まではというと、在庫の金額が多すぎたので、1年半かけて在庫金額を減らそう減らそうとやってきました。

 

・商品の仕入れ規定を作成

・新商品は毎日5~6商品アップする

・初回仕入れ数は4週間で完売するように

・4週間で完売しそうにない週に2回の会議で素早く判断する

 

こういった地道な取り組みが実を結び、ようやく1ヶ月の在庫が1.5回転以上するようになってきたのです。

 

そうすると今期は1年間で在庫回転は20回以上する事が出来ます。

つまり、お客様にとってはいつも新鮮な商品を提供できる。

 

よしよし、これを続けていくぞと思っていたのですが、最近お客様アンケートの改善して欲しい点に

「商品の品切れが多いので何とかして欲しい」という声が多く届くようになってきたのです。

 

つまり、機会ロスになっています。

 

解決策としては3つありまして、

①初回仕入れ数の精度を上げる

②再発注の精度と速度を上げる

③商品数を増やす

です。

 

どれをどうやって改善していけば良いのか。

新たな課題を発見しました。

 

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。