FinTechが注目されていますが、上手く使いこなすにはどうしたら良い?

最近よく「Fintech」という言葉を聞きますが、

FinanceとTechnologyを掛け合わせた造語で、金融とITを組み合わせる事で生まれた新しい金融サービスを意味する言葉です。

 

Fintechの例を1つあげると、

銀行やクレジットカードなどの履歴データを取り込み、自動で経理仕分けしてくれる「クラウド会計サービス」があります。

家計簿はもちろん、企業の決算書までもが自動で作れると話題になっています。

freeeマネーフォワードが有名です)

 

具体的にどういうものかというと、

例えば、○○社からの振り込みは「売上」

○○社への支払いは「仕入れ」

○○社への支払いは「販管費」

という風に、今まで手動で仕分けしていた処理を1度登録すれば、次回からは自動で仕分けしてくれるのはもちろん、

ホクリクデンリョクやNTTといった有名どころであれば、電気代とか通信費に自動で仕分けを推測までしてくれるという非常に便利なサービスです。

 

ただ、あまりにも便利すぎて

・経理が分からないけど、決算書が自動で作れる

・自動仕分けしてくれるので経理担当者の負担が減る

というようなイメージが先行してしまっているように思います。

 

しかし「仕分けの自動化」の本質は、しっかりした経理の知識を持っている人が使うからこそ真価を発揮出来るシロモノなのです。

 

最初から自動で仕分けをしてしまうと、損益計算書や貸借対照表は実態からかけ離れてしまい、正確な経営判断が出来なくなってしまう恐れがあります。

 

例えば「楽天」への振り込みを例にとってみましょう。

「楽天」への振り込み履歴は1つなので、自動仕分けのままだと、販管費として一括りに振り分けられてしまいますが、

実際は広告費や成約手数料、クレジット費用など多岐に渡ります。

 

自動化したままだとこの細かい把握が出来なくなってしまうのです。

 

少なくとも今の「クラウド会計」の仕組みでは、経理が分からない人が、しっかりした決算書を作る事は出来ないでしょう。

 

キチンと経理の事が分かっている人が、繰り返しの作業を効率化する為に使うのが最も良い使い方だと思います。

 

私達はここ1年程でかなり会計、経理を強化してきて、少しづつ仕組み化が出来つつあります。

担当してくれている皆様、ありがとうございます!

 

そして、このタイミングで繰り返しの仕分けは自動化するのは、かなり効果的ではないかと考えています。

 

タイミングの良い事に、普段使っているTKCのシステムが6月~クラウド会計に対応するらしいです。

 

これは一気に効率化が進むかも。楽しみです。

 

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。