利益を出せる仲間を増やすには大切な数字を見える化すること

会社の運営は 前だけを向いているだけではいけなくて、足元の数字も見えていないと成り立ちません。

その為にも足元がしっかり見れる仲間は多ければ多いほど良い訳です。

 

そんな人をどのように増やしたら良いのか。

 

ドラフトが取った方法は

 前月の結果を翌月1日には出して、それを全社内に共有する事

でした。

以前は粗利がどれだけで広告費が何%でという程度しか見える化していなかったのですが6月から全ての数字を見える化しました。

店舗別はもちろん会社全体の売上と費用はこうなっていて、これだけ利益が出ているというところまで出すようにしました。

 

初めはここまで数字を出してしまって良いのか?と思ったりしましたが、今では全くそんな事は思いません。

 

大切な数字ほど積極的に見える化するべきなのです。

 

「利益」にフォーカスして動ける仲間が今まで以上に増えて、そして数字が目に見えて良くなりました。

数字を公開して本当に良かった。また1つ強くなったように思います。

 

資産が貯まれば貯まる程、もっと成長できる力が生まれる。

だから大企業は強いんです。

ドラフトもそうなるように1歩1歩前へ進みます。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。