これからリーダーになる人へ。先輩リーダーとして言いたい事がある。

新人リーダーが陥りがちなリーダーあるある

ドラフトでは2017年から作戦を担当するリーダーを育成する、という事でリーダー候補生が何人かいます。

これからリーダーをしていくにあたって、出てくる課題、悩むであろう事を書いておこうと思います。

 

新しくリーダーになった時は、誰しも最初は張り切ります。

だから提案もどんどんする。

そして大抵、最初は上手くいきます。

 

しかし目標は後半になるほど難しくなっていますから、だんだんキツくなってきます。

「これをやれば大丈夫!」と思っていた事だけでは目標達成が難しくなってくる。

さらに深掘りしたり、新しいアイディアを考える必要が出てきます。

頑張ってるのは自分だけじゃないの?

目標達成に責任を持ってくれるリーダーほど、勉強して、常に考えて、挽回案を考えようとするのですが、そう簡単にはいきません。

そうやって悩んでいる時に思うのが、「意見とか提案するのっていつも俺(私)だけやな。」という考えです。

これってリーダーを務めた事がある人なら、1度は思うんじゃないでしょうか。

もちろん私も思った事があります。

 

しかし、そんな事が続くうちに考えます。

「意見言わないのは自分にも責任があるのでは?」

そう思って改善しようとするリーダーはさらに成長します。

 

なぜ目標を達成したいのか?を共有したり、意見を言いやすい雰囲気をつくったり、コミュニケーションをとったり。

こんな事にも気を使っていかなければなりません。

 

こんな風にリーダーというのは常に何かに悩んでるんです。

いつも順調、悩みなんてない!なんてリーダーはいないですよ。

 

しかし、この「悩む」というのが成長には欠かせないんです。

どうか「悩む」という事を嫌だと思わずに、前向きにとらえて下さい。

 

と、偉そうな事を言ってますが、私もリーダーとして至らないところがまだまだ沢山あります。

一緒に悩みながら、成長していきましょう。