健康第一ですね

毎年9月になると熱っぽくなりその後は咳が2月頃まで続く、という事が5年くらい続いています。

大きな病院に行って喘息の検査をしたり、アレルギーの検査をしても、反応が出ません。

で、そのまま放っておくと知らない間に治るという事を繰り返していました。
こんなの毎年は辛いし、原因が分からないのがスッキリしないという事で、今年はちゃんと有名な呼吸器科の先生に診てもらう事にしました。
症状を詳しく話すと、間違いなく何かのアレルギーだそうです。

今までは何ともなかった物でも、突然アレルギーになる事がある。

それとアレルギー検査は一般的な物しか検査しないので、反応が出ないアレルギー物質があるそうです。
何か気になる物はありませんかと言うので、考えてみると、この時期は会社の隣の畑で蕎麦を作ってるんですよ。

蕎麦の実アレルギーは無いけど、蕎麦の花の花粉のアレルギーかもしれない。

それと秋頃になると道にこんな黄色い花がいっぱい咲いてるのが前から気になってたんですよ。


セイタカアワダチソウというみたいです。
この2つはアレルギーの検査をしていなかったので、検査してもらう事にしました。

何のアレルギーか分からないので、こうやって1個1個調べていくしかないみたいです。
それと、アレルギーの原因が分かったとしても治療には時間がかかるそうです。

やっかいですが、咳が出ると何だか熱っぽいし、夜も眼が覚める事があるので、治しておいた方がいいですね。

まずは原因が分かっただけでもスッキリしたので、良しとしましょう。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。