Googleにとっての優良顧客とはどんな広告主?

Googleの立場になって広告を出稿すると、自然と成果も上がる。

オールコネクトさんのセミナーで習って1番心に残った事なので少し紹介しようと思います。

 

Googleは企業なので、もちろん売上を伸ばす為に日々活動しています。

そしてGoogleにとっての売上とは、「広告費」ですよね。

 

広告費は以下の数式で決まります。

広告費=(クリック単価)×(クリック数)

例: 1クリック100円 × 10クリック=1,000円

 

もしGoogleが売上を2倍に増やしたいと思ったら、どうするでしょうか?

 

A: 1クリック200円 × 10クリック=2,000円

B: 1クリック100円 × 20クリック=2,000円

どちらも売上は2倍になりますが、Aパターンは広告主にとっては「値上げ」になるので喜ばないし、広告の出稿数が減ってしまうかも知れません。

 

なのでGoogleはおそらくBパターンを選ぶでしょう。

広告主にとっても流入数が増えるので皆喜ぶからです。

 

ではクリック数を増やすにはどうすればいいでしょうか?

クリック数=(表示回数)×(クリック率)

Googleが売上を増やそうと思うならば、表示回数を増やすか、もしくはクリック率が高い広告を優先的に表示するでしょう。

Googleにとっても広告主にとってもメリットがあるのは後者です。

(私がGoogleの広告責任者だったとしても、クリック率の良い広告は優遇すると思います)

 

つまりGoogleにとっての優良顧客とは、クリック率の高い広告を沢山出稿してくれる広告主なのです。

その証拠にクリック率の良い広告のクリック単価は安くしてくれます。

 

Googleの立場になって広告を出稿すると、自然と成果も上がる。

 

相手の立場になる事の大切さを改めて実感しました。

 

沢山ABテストして、クリック率が上がる法則を見つけますよ。

 

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。