久しぶりの武漢「1日目」

1年半ぶりの武漢。

気温はすでに30度以上あって半袖1枚で十分過ごせるくらいですね。

 

空港から出てまず驚いたのが武漢ではすでに「Uber」が普及していた事でした。

タクシーは利用距離によって乗車拒否されたりするみたいですが、Uberはそんな事はなくとっても人気みたいです。

 

空港から市内に向かう途中では、相変わらず沢山のマンションが建設されています。

値段は1,500万~2,000万+内装で300万円程度という事もありほとんど売れていないようです。(5%くらいが売れてる)

数年前からこんな状態ですが、どうしてどんどん作るのでしょうか?

 

私が聞いた話によると、理由は「中国には戸籍が2種類ある」という点にあります。

2種類の戸籍とは、都市戸籍(4億人)と農民戸籍(10億人)であり、農民戸籍の賃金は1/4であり、都市に移住できないという制限があるのです。

 

一方で2015年マンションの数は1億2000万戸(約3.6億人分)です。

マンションを購入する事が出来るのは都市戸籍(4億人)なので、現在の状況ですと需要は頭打ちなんですね。

 

しかし、もし農民戸籍の10億人がマンションを購入できる日が来るとしたら、3億戸の潜在需要があるわけです。

それを見越してまだまだマンションを建設しているのかも知れませんね。

 

しかし都市戸籍と農民戸籍の格差を埋めると、賃金上がる→競争力下がるという事になってしまい、まだ先になるのかも。

 

武漢市内は相変わらず賑やか。

 

市内にはどんどん地下鉄を作っています。

現在3号線を建設中だそうで、市内の真ん中で工事してました。

 

そんな訳で建設業界の景気は良さそうですが、他の業種はどうなのでしょうか。

明日はそんな話を書こうと思います。

 

1日目の夕食は激辛の火鍋。

浮いてるのは唐辛子と山椒です。

辛いのは結構イケる方ですが、これは凄まじかった。

 

 

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。