ついに楽天が広告のデータをオープンに。ただし◯◯ですが。

今日、楽天店長からこんなニュースを教えてもらいました。

【2016年7月4日(月)に、楽天CPC広告パフォーマンスレポートをリリースいたします。

楽天CPC広告をご利用いただいている店舗様で、このサービスにお申し込みいただくと、楽天CPC広告経由で発生した売上データやその他指標を確認いただくことができます。】

 

そうなんです。

今までブラックボックスだった楽天広告の効果が、ついにオープンになるのです。

今のところ公開されるのはCPC広告だけみたいですが、以下の数値が見れるようです。

クリック数
実績額(広告額)
CPC
CTR
売上金額
売上件数
CVR
ROAS
注文獲得単価

今まで楽天に広告を出しても、どのくらい集客出来たのか、どのくらい売上が上がったのかが分からなかったものですから、改善も、次の出稿も広告の効果を想像しながら行うしかなかったんですね。

 

Googleやyahooの広告ならば当たり前の事なのですが、楽天が広告の効果を公開するとは驚きです。

広告のデータを公開する→広告改善→店舗の売上UP→楽天の業績UP

という流れが生まれるのではないでしょうか。

 

ただし1つだけ引っかかる記載が。

 

※本サービスは有料です

 

そう。広告のデータを見るには費用がかかるのです。

1~16,666クリックは1クリックにつき6円

16,667クリック以上については一律10万円

 

単純にクリック単価が6円上がるのと同じです。

 

とりあえず弊社は見送ります。

ただ楽天のCPC広告がどのくらい効果があるのかは興味があります。試してみた店舗さんがいたら、情報交換したいです。

 

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。