武漢が大雨で大洪水。商品が入ってこなくて機会ロスしてます。

7月はアパレル業界にとって繁忙期です。

今期は特に「在庫回転率」にこだわる事で、

・中国工場と連携して品切れになる前に在庫を補充する

・販売管理の精度を上げて過剰生産にならないようにする

といった取り組みを行っています。

 

しかし7月は思った以上に夏物の売れ行きが良く、商品も不足しがち。(販売管理が甘かった)

ただでさえ生産数を追加しなければならない状況の中で、先週武漢では大雨で洪水になりました。

 

工場自体は3Fにあるので商品は無事なのですが、出荷が出来ない。

売れ筋商品の入荷が遅れに遅れて、機会ロスになっています。

ちゃんと商品が入荷出来ていれば、もっと売上が立ってるはずなのに・・・そんな歯がゆさがつのります。

 

「在庫の回転率を上げる事はメリットばかりでしょ!」と思っていましたが、デメリットもあるんですね。

何でも一度はやってみないと分からない。良い経験になりました。

回転率と在庫金額は、バランスを取りながらですね。

 

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。