お茶を売らないお茶屋さん

静岡のお茶屋さんの話しなのですが、お客さんがお茶に持つイメージをお茶はやっぱり静岡だとか、静岡のお茶は美味しいだとかいう風に思っていたらしいです。

なので静岡産という事や、お茶の味や品質をアピールして売っていたそうです。
ところがなかなか上手くいかない。

困り果ててお客さんにお茶といえばどういうイメージを持つか聞いてみたところ、全く予想していなかった答えが返ってきたそうです。

その答えとは、やすらぎ、ゆっくり、リラックスなどの言葉だったそうです。
お客さんがお茶を買う事で求めているのは、リラックスできる時間だという事ですよね。

この結果を受けて、お茶をゆっくり飲める畳の空間を作ってお茶を売るのをやめたそうです。ゆっくり出来る時間をお茶と一緒に提供して、もしよければお茶も買えますよというスタイルですね。

もちろんお茶は売れるようになったそうです。

私達もお客さんが「服を買う事で求めている目的」は何なのかを良く考えていった方が良いですね!これは良い気付きになりました。

オシャレには戦略が必要です
40代以上のオシャレに悩む男性へ

私はこれまで様々な企業を調査して成功する企業には共通点、いわば“成功の戦略”がある事に気が付きました。それはファッションも同じで、“オシャレには共通点”があるのです。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。