ユニクロが売れ続ける理由

今日は珍しく東京に出張に来ています。
東京は天気も良く福井に比べて大分暖かい。たっぷり着込んで行ったら暑いくらいでした。
インナーにヒートテックを着ていった効果もあるかもしれません。

ユニクロってヒートテックや、ウルトラライトダウンで日本の冬を薄着にしたと思うんですよ。

これってファッション性を追求したというよりも、「生活用品」になっている気がします。過去を振り返るとマイクロフリースもそうだった。(ちょっと出かける服とか部屋着に使ってた人多いと思います)

少し前はユニクロを着ていると他人とカブるとか言われてて少し調子が落ちてた時期もあったと思うんですが、それを跳ね返して売れ続けてます。

品質が良くて安かったら消費者は買いますよね。そして今や生活必需品となっているのだから、飽きられる事もなく非常に強いです。

ユニクロの強さはファッション性にあるのではなく生活用品となっている事だと思います。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。