Amazonがまた既存ビジネスの常識を覆す。980円で12万冊以上の本が読み放題だって

AmazonがKindle Unlimitedという新しいサービスを始めました。なんと月額980円で12万冊の本や雑誌、漫画が読み放題です。

30日間無料という事で早速登録してみました。読みそうなカテゴリだけパッと見てみたのですが、ビジネス書のカテゴリだと8,000冊、小説で19,000冊、漫画で32,000冊、雑誌で3,900冊。

講談社や小学館、文藝春秋、新潮社、光文社などの大手も参加しており、発売直後の新刊は少ないけど、1~2年以内に発売された作品の品ぞろえはベストセラーも含めて充実させているそうです。

雑誌や漫画のところでは、面白そうなのもいくつかありましたよ。(漫画でインベスターZがあったのは嬉しい)

 

これからどんどん参加する出版社が増えて、本の種類も増えていくとしたらどうなるでしょうか?

出版業界は収入が減る可能性もあるし、そもそも出版社が無くなる可能性も出てきます。

街の本屋さんはますます本が売れなくなるでしょう。(私の地元では昔からあった本屋さんが2つ無くなり、本屋さんは0になってしまいました)

印刷会社も打撃があるでしょうし、漫画喫茶や古本屋さんにも影響があります。

似たようなサービスの「Yahoo!ブックストア読み放題」、NTTドコモの「dマガジン」、ソフトバンクの「ブック放題」、あとは漫画アプリなんかも影響があるかも知れません。

 

近頃はちょっとした空き時間の奪い合いになっているので、ゲームアプリや私達のようなEC業界にも影響があるかも知れません。

 

そして何より本を売っているAmazon自身にも影響がありそうですが、Amazonが怖いところは収益性を顧みずに自身が目指す世界めがけてどんどん進んでいく事です。

このままAmazonの電子書籍が増えていくのか?それとも電子書籍市場は一部に普及するだけで頭打ちになるのか。

スマートフォンの進化や、WEBストレージの価格が安くなる流れなので、電子書籍は有利な気がしますが、果たしてどうなるか。

 

昔は物販への影響が恐れられていましたが、今やいろんな業界の方がAmazonを恐れています。Amazonは便利でよく使うけど、正直私も怖いなと感じる事があります。

今後もAmazonの動向は見ておかなければいけませんし、常に戦わないスタンスでいなければならないなと改めて実感しました。

 

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。