私達の提供するモノ

私達の商売は「洋服を売る事」ですが、最近洋服を買ってもらう事でお客さんに本当に提供する価値って何だろう?という事を考えるようになりました。

そうすると私達のお客さんが本当に求めているのは500円や1,000円の安さの違いではないんではないか?ドラフトが提供するべきは、もっと違う価値でしょう。という事に気がついたんですね。

過度な値下げやセールは、既存のお得意様を混乱させてしまう場合もあり得ると思います。
せっかくリピータになってくれていたお客さんも離れていってしまう場合だってあります。

私達はこれから過度なセールを行わなくてよい経営にシフトしていきます。

少しだけ時間はかかりますが、やろうと思わなければ絶対に出来ない。

夏から取り組んできた事はまだまだまだまだ先がありますよ。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。