継続して成長していく為にはどのくらいの成長率が望ましいか?

成長

先週末の月1勉強会で、「安定、継続して成長していく為にはどのくらいの成長率が望ましいか?」という事を習いました。

どのくらいの成長率が良いかというと大きい方が良いに決まってるのですが、ここに安定、継続という言葉が加わると、10%~30%の成長率が望ましいという事です。

例えば100%の成長というのは、素晴らしいです。しかし毎年100%継続は非常に難しい。

100%→5%→マイナス成長となっていては意味がないし、内部の管理体制なんかも、きっとついて来れないでしょう。

 

この話は私達も実感があるのですごく分かりました。

3年以上続けて100%成長なんて事がありましたが(元が小さかったので)、やはり内部の管理体制がついていけませんでした。

人の問題だけでなく、在庫の問題、広告費の問題、様々な問題が発生したのです。

 

管理体制もついていける成長率が10%~30%という事ですね。

10%って少ないな~と思われるかも知れませんが仮に毎年10%成長を10年間続けるとどうなるでしょうか?

1,000万円の経常利益は2,600万円と2.6倍にもなります。

20%が10年なら6,200万円

30%が10年なら1億4,000万円と14倍にもなるのです。

 

安定して、継続して毎年10%~30%の成長を続ける事は、非常に大きな力になるのです。

もっとも、そう簡単に出来る事ではありませんが。

 

ドラフトの3月~7月の経常利益を前年と比較すると、成長率120%くらいでした。

確かにこのくらいが、地力をつけながら成長していると実感が持てます。

後半に向けてもう少し成長率を上げたいなと思っています。

 

成長

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。