いまどきのキャッチコピー事情

最近、雑誌やテレビ、ニュースを読む時にキャッチコピーに気を配るようにしています。

私達の場合、広告文や商品バナーという限られたスペースでお客さんに情報を伝えなければなりません。

キャッチコピー1つで、その効果って変わってきてしまうんです。

例えば

A:知ってると得する~
B:知らないと損する~

どちらが反応すると思いますか?

 

 

正解はBなんですね。
これが広告だった場合、クリック率が変わってきます。

 

最近見た素晴らしいキャッチコピーに
「ママのための公園OKスカート」というのがあります。

こんな短い言葉だけで、ママが子供を連れて、公園に遊びに行ける実用性のあるスカートなんだなと分かりますよね。

誰がターゲットで、どんなシーンで使うかをこんなに上手くまとめるとは。

こんなキャッチコピー理想です。

 

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。