金沢工業大学で学生さんに講演をしてきました

今日は金沢工業大学で「アントレプレナーシップ」という授業で講演をしてきました。

実は初めて金沢工業大学に行ったのですが、かなりデカいです。

金沢工大

学生さんが7,000人以上もいるそうですよ。

kit003

この立派な建物は図書館だそうです。いったい何冊本があるんだろう。

 

で、なぜ金沢工大に行ってきたかというと、2回生向けに「教科書だけじゃなくて、実際の起業家の話を聞く」という面白い授業があるのですが、それに呼んで頂いたという訳なんです。

 

で、どうせならという事で、リアルな数字もいくつか出しながら、起業するって実際はこんな感じなんですよ~という事をお話ししてきました。

きっとこのくらいの年って、自分はどんな事をして生きていくんだろう?なんて自分の将来を考え出す時期なんですよね。

実際に私もこれくらいの時に料理人を辞めて、大学に入る決断をしました。

 

ですので、いろんな事に悩む気持ちがすごくよく分かるんですよ。

どんな風に仕事を選んだらいいのか?

良い会社ってどんな風に見分けたらいいのか?

もし仮に起業するとしたら、どれだけ厳しい現実が待っているのか?そして最初はどんな風にすると上手くいくのか?

そんな事を話してきました。

 

で、他の起業家の方よりも比較的年が近いという事もあってか、時間では収まらないくらい沢山質問をもらいました。

もっともっと、いろんな質問に答えてあげたかった。

元気で積極的な学生さんが沢山いましたね!嬉しかったです。

 

で、金沢工業大学って話を聞くと、いわゆる学者タイプの先生ではなくて、どうやら以前は民間企業で働いていた方が転職して先生になるというパターンが多いそうです。

ですので、より実践的な授業が多いのでしょう。

「有名な金沢大学と同じ事をしていては負けてしまうから」とおっしゃっていましたが、立派な差別化です。

もしも、もう一度大学に行く機会があったら入学したい大学ですね!

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。