最近楽天の広告が成果出るのでGoogleの広告と比べてみた

以前は、楽天市場の広告って費用対効果がブラックボックスで全く分からない状態でした。

しかも、何となく費用対効果が合っていない気がしていて、楽天市場の広告費は0円にまで落としていました。(そうなると、あんなに頻繁に連絡をとってきていたECコンサルの方からの電話はパッタリ・・・)

 

しかしここ最近、弊社では再び楽天の広告を出し始めました。というのも、2016年7月頃から広告の効果をオープンにするようになったのです。

私たちが出している広告は、楽天市場内での検索結果に出す広告なのですが、これがなかなか成果が良くて自社サイトで出しているGoogleの広告と比較してみる事にしました。

※弊社の直近1カ月の場合であり、広告の効果を保証するものではありません。

まずはクリック単価から

楽天:1クリック85円

Google:1クリック33円

クリック単価でみると、楽天はめちゃくちゃ高いです。

続いて購入率

楽天:2.62%

Google:0.96%

楽天は広告から入ってきたお客さんが買う確率がかなり高いです。

楽天で商品を探しているお客さんは、かなり購買意欲が高いという事ですね。

これは楽天の強みかも知れません。

最終的な効果(ROI)

楽天:116%

Google:31%

ROIという投資に対するリターンがどのくらいあったのかを測る指標で、高い方が良いです。

楽天は広告費100円かけたら116円利益が出るけど、Googleは31円の利益が出るという事ですね。

つまり、楽天の広告はなかなか費用対効果が良いという事です。

広告をかけた時点で楽天もGoogleも利益を出せているのですから、どちらも優秀な数字ではありますが、楽天のROI116%はかなり優秀と言えるでしょう。

Googleの広告は、「新規客を獲得する為に多少効率を落としてでもやる」という運用方針なので、本当はもっとROIは良いのですが、それにしても楽天の広告を見直しました。

今後はもう少し予算を増やしても良さそうです。

投資して利益が出るのなら、当然やりますよね。

 

注意点として楽天は広告のレポートを見るのに費用がかかります!

なんと1クリックあたり6円。(さすが)

今回の費用対効果はレポート費用も込みでの計算となっております。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。