ゲンキーさんの第1四半期の営業利益72%増の記事を読んで

先日の新聞に、福井の人なら1度は行った事があるであろうゲンキーさんの記事が載っていました。

第1四半期(7月~9月)の営業利益が前年比で72%も増えたそうです。

昨年度の営利:6.1億

今年度の営利:10.6億

で72%増ですね。

どうしてこんなに増えたのか?

IRニュースでちょっと調べてみました。

売上がメチャクチャ伸びたのかなと見てみると、180億→207億と15%の伸びなので、72%も増えた理由にはならなそうです。

じゃあ原価はどうなってるんだと調べてみると、142億→159億と12%しか増えていませんでした。

売上が15%伸びてるのに、原価は12%しか増えていない。

つまり粗利率が改善しているという事です。

粗利額が38億→48億と約10億円も増えているんです。

これが1番大きな理由ですね。

売上が上がって、原価率も下がるのですからダブルの効果です。
原価を下げるといっても、やる事はいろいろあります。

メーカーとの交渉はもちろん、廃棄品を無くす為の管理や、 プライベートブランドの開発など。

いつもの勉強会でゲンキーさんのローコストオペレーションの徹底っぷりを聞いていると、冷や汗が出るくらい素晴らしいんですが、小さな積み重ねを続けるとこうなるんですね。

やっぱり、コツコツと積み上げる事って大切。

私達も見習わなければなりません。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。