社長からコミュニケーションをとりに行かなければならない理由

今日は安田蒲鉾の安田社長の講演を聞きました。

20歳の頃から社長をされていて、なんと社長歴48年!

話す言葉に説得力があるし、とても人を大切にされている会社だなと感じました。

その中で印象に残ったのが2つ。

1つめが「社長からコミュニケーションをとりに行かないといけない」という事。

その理由を図にするとこんな感じです。

社長は下り坂だからコミュニケーションをとりに行くのは楽だが、社員は上り坂になるのでコミュニケーションをとりに行くのはシンドイという事です。

分かりやすい例えですよね。分かってはいるけど、なかなか出来ない。

改めて出来てないなと反省しました。

 

2つめが「今まで採用活動をした事がない」という事。

というのも、いろんな方が求職者を紹介してくれるんだそうです。

これってすごいですよね。

もしも変な会社だったら、知人や親類、家族を紹介できないですよ。

「人を大切にする会社」という事がよく分かります。

 

安田社長は「社員には家族のように愛を持って接するのが大切」とおっしゃってました。

深みのある言葉ですね。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
”オシャレ教育事業”のシェアNo.1

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性のあるECサービスを運営しています。少しでも興味がありましたらご覧くださいませ。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。