老子が語る最上のリーダー像とは?

老子:古代中国の哲学者

が説く理想のリーダー像というのがありまして、

下:周りからバカにされるリーダー

中:周りから恐れられるリーダー

上:周りから好かれるリーダー

とあるのですが、「上」よりさらに上の「最上」のリーダー像があります。

 

最上:周りから存在を意識されないリーダー

普通ならば周りから愛されるリーダーが理想だと思われがちですが、”存在を意識されない”というのがちょっと前まではイマイチ意味が分かりませんでした。

居なくてもいいって事なのか?

正しい解釈は、自分の功績や存在を意識させることなく、組織を自然により良い方向に導くことがリーダーの役割だという考え方です。

 

方向性だけ示して、あとは任せる。

困ってる時だけ気づかれない様にそっと手助けする。

こういう風に書くと「あ~なるほど」って思いますが、いざやろうとするとすごく難しいです。

実力があり、信頼できる人を育てられる環境やルールが必要ですし、そもそも方向性が間違っていたのでは話になりません。

 

もし本当にこんな事が実現出来るとするならば、昨日書いたような、論語と韓非子の良いところを取り入れた、バランスの良い組織を作っていく事が必要ですね。

”周りから存在を意識されないリーダー”になれるかどうかは、組織作りがキチンと出来ている事が前提でしょうね。

 

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。