ロスを怖がってばかりいると縮小均衡になっていく

昨日は月イチの勉強会でした。

その中で1番気になったのが、「ロスが怖いからといって減らすと縮小均衡になる」という事です。

縮小均衡とは”安定を維持しようとすると、経済規模が縮小していく”という意味なのですが、これって私達の小売業の場合は「在庫」にあたると思います。

 

過去に在庫過多になってしまった事があり、それ以来、ロスが出ないように出ないようにと管理してきました。

しかしその反面で、人気商品は在庫切れを起こして販売機会をロスするという事も起こるようになりました。

 

ここらへんのバランスって難しいのですが、最近はちょっとロスを恐れすぎていたなと、反省するキッカケになりました。

少し余るくらいの在庫の方が売り上げは伸びるという事です。

 

もちろんミス等は極限まで減らした方が良いですが、減らそうとすると、縮小均衡になる場合もあるんですね。

勿体無いという心は時として経営にマイナスになる。

良い勉強になりました。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。