ウォルマートvsアマゾンの勝敗はどうなる?前編

世界最大の小売企業ウォルマート。

売上51兆円 純利益1.5兆円

業界2位と売上で3倍以上の差がある巨人です。

実店舗の世界だけで言えば、圧倒的存在でしょう。

しかしこの巨人ウォルマートも、小売ネット企業の巨人アマゾンには危機感を感じていると思います。

 

アマゾンの売上高11.3兆円なので、ウォルマートの1/4もないのですが、成長率が違います。

ウォルマートの成長率は約3%ですが、アマゾンの成長率は20%もあるのです。

この勢いにはさすがのウォルマートも危機感を感じずにはいられませんよね。

 

ウォルマートはスーパーマーケットですが、店舗の大きさはコストコくらいあります。

コストコに行った事がある方なら分かると思いますが、買い物にすごく時間がかかりますよね。

その反対にネット通販ならば家に居るだけで、欲しい物が届きます。

ウォルマートもこのあたりは考えていたようで、「エクスプレス」という小型店舗の出店を試験的にやっていますが、あまり上手くいっていないようです。(巨大店と小型店では物流システムが違いすぎて上手くいかなかった)

 

今後まずますネット通販が増えていく流れの中で、ウォルマートはどのようなやり方でネット化を行い、売上を伸ばしていくのでしょうか?

長くなりそうなので後編へ続きます

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。