会社のパソコンを全部SSDにするという話し

パソコンにはハードディスク(HDD)が入っていますが、最近はSSDというものが主流になっているのはご存知ですか?

HDDとSSDの違いを身近な例で説明しますと、

HDDは音楽を聴く時にCDで聴くのと同じ。

SSDはMP3で聴くのと同じ。

 

例えば1曲目から10曲目に飛ぶ場合、どちらが早いかと言うと圧倒的にMP3の方が早いですよね。

パソコンでも同じで、ファイルやブラウザでページを開こうとした時の時間が早くなります。

 

ただしSSDの欠点は高い事・・・だったのですが、ここ最近はかなり安くなりました。

128GBなら5,000円程度で買えます。

128GBって少ないかと思われがちですが、クラウドを利用すれば十分な容量。

ドラフトでも徐々にSSDへの置き換えをしていますが、128GBで足りないという人はいません。

デザイナーなどの大容量が必要な職種はOSはSSDに入れて画像の保存はHDDという様にしてやってます。

 

SSDにする事で1日5分の読み込み時間が短縮されるとすると、1か月で100分の短縮。1年だと20時間の短縮です。

SSDに5,000円投資しても十分回収出来るでしょう。

何よりファイルを開くのに待たなくて良いのは気持ちがいいです。

 

という事で、今月中にドラフトのPCは全てSSDに換装します。

換装といってもすごく簡単で、今使ってるHDDからSSDのクローンが簡単に作れます。

興味がある方は「HDD SSD クローン」などのワードで検索してみて下さい。

もうHDDには戻れないくらいキビキビ動くようになるので、おススメですよ!

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。