利益の70%は粗利で決まり、30%は経費の節約で決まる

利益を出すには、粗利益で70%が決まり、経費の節約で30%が決まる。
参照:竹田陽一先生のランチェスター法則より

利益が出ていない時って、「無駄な経費削減から手を付ける」場合が多いですが、利益を増やすには「いかに粗利益を多くするか」を考える方が大切なのではないかと最近になって気づきました。

経費削減は手を付けやすいので先にやりがちですが、効果は短期的です。

根本的に粗利を出せる仕組みを作る事が継続的に利益を出す為には必要なのです。

その上で、経費削減も同時に行うのがベストですね。

そんな事を両方同時にやるのは難しい・・・ですが、1番簡単な方法は「集中」する事です。

地域を絞る、お客様を絞る、商品を絞る。

そうすればNo.1が取りやすくなりますし、経費も節約できるという訳です。

 

ドラフトもその効果を実感していて、最初は粗利が上がりました。

そして最近は「経費が減る」というのも実感しています。

次年度の事業計画を詰めているのですが、「あ、これも減らせるね」という項目が出てくるんです。

やはり集中は間違いないですよ。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。